So-net無料ブログ作成

ダイエー仙台店~地方駅前巨艦店の今~ [百貨店・GMS]

かつてダイエーでトップクラスの売上を誇った仙台店、
といっても来年3月にイオンリテールに移管される予定の店舗ですが、
そちらに行ってきましたのでレポートします。
臨店は2015年8月7日(金)18:00頃です。

店舗は仙台駅から徒歩数分、地下2階から地上8階の
10フロアを売場にする典型的な駅前型多層階GMSです。
エスカレーターは1ヶ所のみ、1フロア400坪程度でしょうか、
こぢんまりとした店舗ですね。
1975年開業のようですから店齢も40年、当時の最先端がよく分かります。
しかしながらその店舗ですが店舗の高齢化はいかんともしがたく、
低い天井、古いエスカレーター(いろんな音を発していました)、
狭いワンフロアと多層階、とハンデは様々です。

ダイエーとしてみますと、食品から家電までフルラインの扱い。
ダイエー自体としてだけでなく、GMSとしてもラインナップは広いかと。
それでも7,8階はすべてテナントですからダイエーは実質8フロア。
その中にもテナントがいろいろ入っていますから、
実質的なダイエー直営売り場は2/3程度になるでしょうか。
その売り場にアイテムをそろえているのでどうしても売り場はキツキツです。
ただ、天井が低いのでゴンドラも高さが基本1500ですので、
通路を削ってスペースを確保している感じでした。
天井は低いですが陳列棚も低いので売場にさほど圧迫感はありませんでしたね。
また、食品以外はカートを押して歩くことを想定されていない狭さ。
おそらく5,60cmくらいでしょうか。歩いてすれ違うのもやっとです。
まぁ多層階ですからカートを押して上下移動することはないという
割り切りもあるんでしょうけど。それはそれで潔いと思います。

ワンフロアが狭いので1階に服飾、化粧品、HBCと百貨店のような配置。
2,3階がレディースフロアになっています。
これはこれで目的外の人は直行できていいと思いますが、
初めての人にはわかりにくいですね。

一方地下2階の食品はきちんと主通路があって、
中通路もカートがすれ違える幅(1.8m位はありましたね)がしっかりとられていました。
ゴンドラも1800でさらに最上段にも在庫を置いてと圧巻の売り場でした。
近隣にSMもないですし、レジも10台近くフル稼働と
時間帯もよかったのかかなり活気がありました。
ただ、絶対的な売り場が狭いので冷蔵・冷凍平台は無し。
生鮮3品は補充の回転で補い、総菜を平台で大きく展開していました。
まぁ仕事帰りの買い物客が多いでしょうから当然の対応ですね。
価格も郊外店と同レベルでしたから立地の割にはがんばっていると思いました。

ちょっと驚いたのは地下1階。
日雑、家庭用品といった売り場とフードコートが配置されています。
地下1階にフードコートという配置が驚きです。
普通最上階がレストラン街ですがココは書店でした。
紆余曲折の結果でしょうが、お客さんも多かったですし、
これはこれでありかもしれません。フードコートで回転優先、
立地からお昼需要も見込めますしなかなかいい立地を見つけたと思います。
フードコートに出店しているのも、
餃子の王将、幸楽苑、十割そば、ドムドムバーガー、ディッパーダンと
手軽に食べられるものばかりですから。
地方のファッションビルでも地下フードコートっていいんじゃないかと思います。

くつ売り場はグリーンボックスが入ってすでにイオン化が完了といった感じ。
7階の手芸店布素材館 マブチ結構お客が入っていました。強いですね~~。
もしダイエーでなくなっても生き残っていけるのではないでしょうか。
8階の書店は書店なのに省エネと称して一部蛍光灯が落とされていました。
これは立ち読みするなと言うことでしょうか?
他の売り場も一部照明を落としていましたので統一した行動でしょうけど、
LED化して全点灯が今の流れ。
ダイエーだったゆえ投資が抑えられてきたのかもしれませんが、
イオンリテールに移管されたらどうなるのやら・・・
3月以降も変わらないのであれば閉店という流れになるのかも・・・
なんて予想が出かねません。

実は一番お客が居たのはエスカレーター脇の休憩スペース。
エスカとガラス窓の間に向かい合わせに座れる椅子と机が5セットほどでしょうか、
置かれていましたがどのフロアも誰かしら休んでいました。
休憩スペースが一番競争率高いというのも考え物ですが、
その客をどう売場に呼び込むか、それを考えるべきとしておきましょう。

イオン移管が控えていると言えば気になるのがもう一つ。
ハートポイントカードの募集、OMCカードの募集、イオンカードの募集が
平行で行われている状態でした。正直どうなんでしょう。
イオンリテールに移管される以上、OMCカードは切るべきでしょうし、
ハートポイントカードもフェードアウトしなければならいはず。
個人的にはGMSのイオンに転換するよりはフォーラスやOPAに転換した方が
売り上げは望めると思っていますのでそう感じたわけですが。
一度イオンリテールに移管した後、閉店業務を行ってからフォーラス事業部へ移管、
そんな手の込んだ作業もあり得るのかなと思ったりもします。
残念ながらあの店舗ではGMSとして営業を継続するのは無理があると思いますので。

今回、臨店して感じたのは従業員の挨拶がきちんとされていたこと。
店舗のハンデはありますが、立地はいいし東北唯一の店舗として頑張ってきたわけで、
まだ従業員の士気はあるのかなと思いました。
今でもGMSとしての品揃えをできるそこそこの売り場があったというのも大きいでしょうね。
売り場があれていることもありませんでしたし、
店舗がてこ入れされれば再浮上する可能性も十分あると思える店でした。
今度はイオンにかわってどうなるかリポートできればと思います。

イオンモールつがる柏 [SC]

お盆に行ってまいりましたのはイオンモールつがる柏。
言わずと知れたイオンモール1号店です。
イオンモールの歴史はここから始まった訳ですね。
イオンがモール展開を積極化した当時のかけ声通り、
「カエルの鳴く」田んぼのど真ん中の立地です。
臨店は2015年8月13日(木)13:30頃です。

実は臨店も久しぶりのこのSC。
以前は津軽地方一円から集客するモールでして、
その後映画館を増床していますが、建物的な変化はそれだけですね。
売場は5万平米ほどとまぁまぁの規模を持っています。
まぁまぁといっても津軽地方としては大きすぎるかも知れませんが・・・
青森県人には、テレビコマーシャルでやってたかけ声、
「イオン柏ショッピングセンター、WADONA!(「私とあなた」の津軽弁)」
あれが耳に残っていると思います。
(ちなみにイオンショッピングセンター(直営)でニックネームが付いていたのは少ないですよね。
ふと思いつくのは鈴鹿のベルシティくらいでしょうか)

テナントは変化があって、結論から言うと五所川原のエルム(核はヨーカドーです)に
かなりやられていると言うのが正直なところ。
以前は無印良品やホーマックが入っていましたら今はなし。
それでもエルムにはないシネコンがあるのが差別ポイントでしょうか。

さて、このモールはイオンにとっての記念碑的モール。
今となっては絶滅してしまった感のある(?)直線のモール、
レストラン街とフードコートが1階に並ぶレイアウト、
吹き抜けの少ない2階の主通路、などなど。
今となっては垢抜けない感じがしますが、
当時としては大いに革新的だった訳で、歴史を感じます。

また、今となっては低い天井ですが、2階を歩くと天井に空いた天窓から
燦々と光が差し込む(というか今年の夏は暑すぎましたが)作りは、
高い天井越しの光と違って空を感じられる空間でした。
一様に高い天井をつくるよりも、こういう空を感じられる吹き抜けを作るのも
趣があっていいんじゃないかなと思いますね。
空を感じられたのは柏のららぽーと以来でした。
あそこもガラス天井越しに空がみえて美しかったですから。

さてさて、歴史ばかり振り返らずSCを見ましょう。
キーテナントはもちろんイオンつがる柏店。
私も十数年ぶりに訪れたので忘れてしまいましたが、
昔は2階に衣料品があったはずですがいまは1階におりてきています。
テナントの入れ替わりによって1階のイオン部分が拡大、
2階がテナント化しているようです。(まだ2階にホビーや寝具が残ってますが。)
何となくSuCのようなレイアウトなりつつあるような・・・そんな感じですね。
品揃えはもちろんイオン。レイアウトが変なだけで品揃えに問題はないです。

ただ1階の食品売り場はモール部分と数十センチの段差があります。
そこは2本のスロープでつないでいまして、
スロープの間にHBCを展開しアクセントになっています。
買い物はしづらいですが売り場はわかりやすいですね。
2階はフラットなモールですのでそこだけがちょっと変わったところ。

そうそう、ここの食品売り場は結構大きいです。
ざっと見て700坪クラスかと。
その割には店が古いので主通路にワゴンや平台冷ケースもなく、
すっきりとした売場です。今となっては潔いと言いますか・・・
売場はデカイので品揃えは十分ですし、
平日と休日の集客の差を考えると、
迂闊に平台を増やすのは考え物ですから、
週末は補充回数で勝負、と言うところでしょうか。
お盆と言うこともありそれなりの人出がありました。
エルムが混んでいるので食品はこちらで、というお客も一定数いそうですしね。

衣料品はモール部分にせり出したお陰か?
なんかテナントのような売場になってましてイオン臭(?)がしなかったです。
これもケガの功名ですかね。イオンスタイルストアとも違い、
私的には好きな雰囲気でした。売れているのかどうかは不明ですが。
いろんな意味でイオン部分は一見の価値はあると思います。

一方のモール部分のテナントですが、コムサイズムがあります。
おっ、踏みとどまっているのか!と正直思いました。
あとはハッシュアッシュ、anyfam、スコットクラブ、アクシーズファム、
ビレッジバンガード、ダイソー、文教堂、
アメリカ屋、ライトオン、西松屋、HMVなどなど。
こうやって見るとそんなに悪いラインナップではないと思います。
あとトーカイが入っていましたが最近手芸店がSCに出るのが増えましたね。

ちょっと変わったのはリサイクルショップのリサイクルキングが1階にありました。
リサイクルショップというか買い取り店というか、
こういうショップも地方ではテナントになるんですね。
また2階に家具ディスカウントの活彩倉庫が出店したのも目に付きました。
こちらは結構スペースも取っていましたし。
ディスカウントというかカテゴリーキラー的な扱いでしょう。
2階には2区画の空きスペースもありましたし、
こういうテナントも入れざるを得ないというのが正直なところなんでしょうね。
まぁSCの雰囲気をさほど壊すテナントではありませんでしたので、
テナント開発を試行錯誤している感じはしました。

あと別棟のペトラス。
イオンモール的に扱いが悩ましいところかと。
最初の勢いでは全てのイオンのSCに置くのかと思えばそうでもなく、
ちょっと立ち位置が不明確な感じですね。
東北には結構ありますけど全国的に見ると微妙な感じが・・・
価格も高くはないけど特段安くもなくですので、
先行きが気になります。

ということで、全体的なトーンは暗めでしたがまだまだ頑張っているモールです。
イオンの歴史を紐解きに一度訪れてみてはいかがでしょうか。
ついでに五所川原のエルムとセットで見てもらえばいい感じですよ。
メッセージを送る