So-net無料ブログ作成
検索選択

JRE POINTの破壊力~可能性は大きすぎる~ [企業戦略]

JR東日本が2016年2月より「JRE POINT」を開始すると発表しました。
(リリースはこちら)
ポイントサービスに非流通系企業の大物が参戦することになりました。

リリースによるとまずは首都圏駅ビルの商業施設において
ポイントサービスを順次統合、将来的にはクレジットカードのビューサンクスポイントや
スイカのSuicaポイントも統合する方向とか。
ここで駅での切符購入やびゅうプラザでの旅行商品の購入にもポイントが付けば完璧です。
また、メトロポリタンといったホテル、東北の駅ビルにおける買い物にも付くようになれば、
ポイントとしてはかなり巨大なサービスになりますね。
まぁ切符購入でのポイントは諸々の規制で無理だと思いますけど・・・

JR東日本と言えば流通部門の売上が既に1兆円規模。
ここに1%のポイントが付けば単純計算で100億円。
これだけ巨大なポイントがどこに流れるのか気になるところ。
また、外部への開放がされるとすればポイントサービスの地殻変動は間違いありません。
駅ビルテナントのショップが、それ以外のSCに出店している店舗でも導入すれば、
首都圏での存在感はかなり大きくなるでしょう。
まずは駅ビルに来る若者を囲い込み、その成長に合わせて上の世代へ
サービスを拡充していけばいい訳ですから。

既にSuicaというカードを持っている消費者は多い訳で、
それをそのままポイントカード化してしまえば手っ取り早い。
そういう点ではむしろSuicaポイントを拡大した方がよかったと思いますけどね。
だってJREポイントって会社のメンツが丸出しで、
消費者に訴えるネーミングではないですし。
Suicaにはペンギンのマスコットもいてプロモーションもいろいろ出来ますし、
なによりJREよりはJR東日本の色を消せると思います。
いまからでもいいので統合時にJREからSuicaに乗り換えて欲しいと個人的に思います。

既にドコモがローソンと組んでdポイントを大々的に打ち出しています。
pontaとdポイントの差別化をどうするか問題がありますが、
それ故に両者の統合といった先走った願望報道もあったり。
そこに乱入したJR東日本のポイントサービスは、
やりようによっては大きすぎる可能性を秘めていると思います。

あとはポイント原資をどれだけケチらずに出せるか、でしょうか。
子会社の駅ビルからと言うのも、結局のところテナントや子会社が負担する訳ですし、
現時点でのJR東日本の持ち出しは限られます。
いずれ他のポイントサービスとの生き残り競争になったときに、
その本気度が明らかになるでしょう。

イオンモール三川~地方巨艦店の地力~ [SC]

イオンモール三川に8年ぶりに行ってきました。
臨店は2015年6月29日(月)12:30頃です。
平日のお昼でしたが駐車場も半分弱は埋まってる感じで、
店内にも人が結構多く正直驚きました。

こちらは以前はイオン三川ショッピングセンター、
つまりイオン直営のSCでしたが先般のモール名称統一により、
イオンモールに運営が移管されイオンモール三川になりました。
売り場は4万平米チョイですから今となっては小型イオンモールです。
立地も酒田市と鶴岡市に挟まれた三川町にあり、
明らかに両市からの集客を前提としたSCとなっています。
と言っても再訪でして前回のブログはこちらになります。

前回も書いてますが今回も入店一番の印象は山形南だ!ってこと。
前回もおそらくイオンリテールの入口から入店したんでしょうね、私は。
高い天井、広い通路、イオンスタイルストア的な雰囲気、フルラインの品揃え、
2000年頃開店したイオンの匂いがプンプンします。
そういう意味では経年劣化を余り感じないSCでしたね。
未だにデジタルメディアのコーナーがあったりしますから。
家電コーナーですが、イオンリテールで家電売り場はかなり減ってます。
こういったルーラル立地でないともはやテレビを並べることは許されないのかも。

前回の訪問時は駐車場についてケチ付けていましたが今回は気にならず。
また、店内の床やトイレの表示なんかも、
なんやかんやと手を入れてメンテしてるのかな~と感じました。
いい年の取り方をしているようです。

今回一番感動(?)したのがイオンの売り場。
あくまで個人的な感想ですが、
久しぶりに完璧な売り場づくりを全店で行っている店舗に巡り会った気がしました。
2階の衣料・キッズ・ホビー売り場全てが主通路沿いにイオンバーゲンのハンガーPOP、
マネキンにはイオンバーゲンのたすき(メンズ・レディース・キッズ全て!)、
エンドにも統一POPを用いバーゲン一色です。
1階の住余ゾーンも同様。そんな中でもアウトドア用品をディスプレーしているなど、
季節感も押し出していまして非常に感動しました。
食品も等間隔でPOPがついているので数は多いのですがうるさくなかったですね。
きっと店長のマネジメントが行き届いているのでしょう。
このレベルで統一している店舗は見たことがありませんね。
このあとクリアランスもあるでしょうから、東北の皆さんには是非見て頂きたいと思います。

ただ、イオンの売り場で気に入らないのが1点ありました。
これも全店食品から衣料までですが、主通路にワゴン置いているんですね。
食品ならいざ知らず、住余の方はワゴンを置かれるとカートの邪魔。
特に食品以外はワゴンは見切り商品ですから、
それを通路に置かれるとバーゲンとは言えちょっとねぇ・・・
食品以外での主通路ワゴンは考えて欲しいものです。
ここだけは「売りたい!」という店の都合が押し出されて残念でした。

さて、モールの方も書きましょう。
こちらは子育て中の親子連れが目立ちました。
テナントも余り入れ替わってるような感じがしませんでしたね。
ユニクロが大型化しのが大きな変化、だったかな・・・
2階に雑貨店も複数入っているのでファンシー雑貨には事欠かず、
無印、フランフランが入っているがために雑貨が手薄なSCと比べて、
このやり方はアリかなと思います。

あと、自販機がみな背が低い。1200mmくらいでしょうか。
車いす、こども対応型とも言うべきか、イオン印の自販機が館内に並んでます。
ここまで高さを揃えているのも珍しいかと。
他のイオンでは結構高いのもあると思うんですけどね。
三川では何故か自然と目に入りました。

今となってはちょっと小型のイオンモール。
でも庄内地方のリーディングモールであることは間違いないようです。
月曜のお昼に集客が出来ていることで明白かと。
隣接地にアクロスプラザがありますので、補完的な集客がで来ていると思います。
イオンがカニバリを恐れずモールを出店しない限り安泰かな、そう感じたSCでした。
メッセージを送る