So-net無料ブログ作成

ユニーとファミリーマートの経営統合話~GMS再編最終章の幕開け?~ [提携・M&A]

本日(2015年3月6日)、マスコミでユニーグループ・ホールディングス(ユニー)とファミリーマートの
経営統合が一斉に報道されました。
両者とも判で押したように検討していますが決定した事実なし、
といういつものリリースが出ています。

報道によれば、ユニーとファミマが経営統合、
実現すればローソンを抜いてコンビニ業界第2位に浮上するというもの。
これでセブンイレブン、ローソン、ファミマ・サークルKサンクス連合に
業界が再編されるので今後が注目!と騒いでいます。
ファミマの会長もインタビューでブランド統一を語っているように、
すでにほぼ話はついていて週明けにでも正式発表となりそうですね。
だって、話が固まる前に一方の会長が店舗ブランド云々の話をしたら、
流通業界では再編話が破談しますから。
ここまで踏み込んで話をすると言うことは
大枠が固まっているからだと思われます。

ファミマの上田会長が社長を退いたのもこの伏線だったのか?
そんな思惑も感じられますよね。
ユニーと経営統合したらコンビニ2社を束ねた中間持株会社を作り、
その社長にファミマの上田会長が就けばポスト的にはぴったりです。

この経営統合が実現すればコンビニ三国志時代の幕開けです。
TOP3と4位では店舗数で1ケタ差がつく訳ですから。
ちょっとイオンはミニストップの売り時を逃しましたね。
もうスリーエフ・ポプラともどもローソンに引き取ってもらうしかないでしょう。
ココスは、まぁどこかで・・・ってことで。
あとの中小コンビニはTOP3かセイコーマートに系列化してもらう、
そんな業界地図になるんじゃないかと思います。

セイコーマートはね、単独で残ると思いますよ。
矛盾しますが本州に南下しなければね。
北海道ガラパゴス・コンビニとして生き残るんじゃないかと。
まぁアークスと経営統合って話はあり得ると思いますけど。
アークスのSMが出店できないローカルをセイコーマートがカバーすれば、
もう北海道流通三国志はアークスの圧勝で終わり。
業界の秩序が保たれ過当競争が収まるかと。
そうは問屋が卸さないと思いますけどね。

さて、そうなるとユニーはどうなるのか?そこが問題です。
ユニー的には全国コンビニと中部ローカルのGMS、SMをぶら下げることで、
GMS、SMにも規模の経済のメリットを受けたいと考えているんでしょうけど、
果たしてそううまく行くかな、と疑問に思います。
むしろ、アピタ、ピアゴを切り離した方が業績は上向くはず。
2,3年はコンビニ、GMS,SMが一体となっていても、
将来的には遠心力が働くんじゃないかと思います。
コンビニ部門はどう見てもファミマが主導権を握る訳ですし。
5年後、10年後、「ユニーホールディングス」が
「ファミマホールディングス」になっているのではないか、
そんな可能性が感じられます。

GMSを切り出して2強以外のイズミやフジ、平和堂と組めば
第三極として面白くなるはず。
そんなGMSの最後の再編も起こるんじゃないかと、
世間話が好きな元業界人は予想しておきます。
そういった意味ではコンビニ再編だけではなく、
GMS再編の最終章の幕開けでもあるんじゃないかと。
まぁ確率はそこそこあると思いますけどね、イチローの打率くらいは・・・
こちらも気長にウォッチしていこうと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る