So-net無料ブログ作成

ダイエー最後のお宝~イオンのグループ再編最終章その3~ [企業戦略]

イオンがダイエーを完全子会社化するシリーズ最後の話題はOPAです。
ダイエーが展開するファッションビルがOPA。
イオン(旧ジャスコ)が展開するファッションビルがフォーラス。
そして旧マイカルの展開していたビブレ。
これらが今回の再編劇で1つになる可能性が高いです。

フォーラスは多層階のジャスコを業態転換したもの。
なので建物は古いですが何故かファッションビルって
内装をしょっちゅうリフォームしているので多少古くても売上が取れるんですよね。
まぁそれ以上に立地がいいからお客が入りやすいというのもありますが。
駅前多層階、テナントを揃えられれば数字が読める訳ですね。
しかし、秋田、仙台、金沢、姫路、大分と微妙にライバルがいそうでいない
仙台はとして毛並みが違いますが、地方都市に展開しているのがキモです。
逆に、ライバルが出店すると難しい微妙な業態であるとも言えますが。
しかし、パルコやルミネなどの鉄道系ファッションビルが
出そうで出てこないマーケットを押さえた妙ですね。

OPAは関西中心に大都市に展開しています。
一時期十字屋の運営になったり紆余曲折を経ましたが生き残りました。
こちらはフォーラスとは違って競合と真っ向勝負しているファッションビルです。
なのでフォーラスよりは実力があるといえるでしょうね。
実力があるから十字屋、ダイエーと親会社が傾いても生き残ってきたわけで。

OPAとフォーラスはファッションビルでいいとして問題はビブレ。
マイカルのファッションビルのような形でスタートしたものの、
高級なサティのような店舗もあったり迷走し続けました。
マイカルSCにはサティとセットで出店することが多く、それらは特にそうでしたね。
昔マイカル桑名によく行きましたが、2つ存在する意味があまり感じられませんでした。
まぁだからマイカルは傾いたんですけど・・・

で、ダイエー最後の孝行息子がOPA。
実績からしてフォーラスとビブレが吸収されるでしょう。
フォーラスは地方都市向けブランドとして残るかも知れませんが、
ビブレは厳しいでしょうね。北大路ビブレのようなフルライン
(あっ、食品は光洋になりましたっけ)に近い店舗はいっそイオンに再転換、
でいいと思いますが、おそらく北大路ビブレのようにイオン系SM+OPA、
になるのがいいところかな。

随分前置きが長くなりましたが、
今回のダイエー完全子会社化における一番のメリットは、
ビブレの出口が見えたことではないでしょうか。
このまま放置して置くわけには行かないし、かといっててこ入れも微妙な業態だし、
OPAに面倒見てもらえば万々歳でしょう。
フォーラスもなかなか増やせないのでこれをきっかけにOPAによせれば事足ります。
パルコを取り損ねたイオンにとって、OPAの価値は高まっています。
大都市圏の攻略にはファッションビルは欠かせない業態ですしね。

問題はイオンモールに出店している1000坪程度のビブレをどうするかでしょう。
(最近arioに西武百貨店が同じように出店していますが。)
SPAでもないので取扱商品もぱっとイメージできないし、
これといったキラーアイテムも思い浮かびません。
ちょっとアップグレードなアイテムを扱ってるかな?といったぼんやりしたイメージ。
そこをどうするのかが今後の課題。
OPAに看板買えれば済む話ではないですしね。
ただ、イオンモールの新しい看板ショップとしてOPAには期待しているようですから、
モール用の業態界発にどれだけOPAが力を発揮できるか注目です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る