So-net無料ブログ作成
検索選択

東北SM連合誕生へ [提携・M&A]

東北地方の中小SM4社が経営統合を発表しました。
おーばんHDのリリースはこちら、キクチのリリースはこちら
マイヤのリリースはこちら、前田のリリースはこちら
おーばん以外は同じですね。おーばんの意欲が高いと読むか、そこは何とも言えませんけど。

4社の共同仕入れ会社マークスを持株会社とし、その下にぶら下げる方式。
株式交換でキャッシュは流出しませんし、既に協業しているうえ、
一番はまったくもって商圏が重ならない4社だと言うこと。
これが今回の経営統合のすべてと言って良いでしょうね。
だからこそまとまった話でしょう、正直。

しかもそれぞれ単独で生き残るには厳しい状況があります。
岩手三陸沿岸がメインマーケットだったため、
震災で店舗が大ダメージを受けさらにマーケットが消失してしまったマイヤ。
同じく福島県相双地区が地盤で津波被害と原発事故のダブルパンチで
こちらもマーケットが消失してしまった(フレスコ)キクチ。
青森で祖業の百貨店を閉めSMに業態転換したものの、
ユニバースにがっちり商圏を押さえられ競争力に乏しいマエダ。
山形でヤマザワという強力な地場SMが存在する上、
南からセブン&アイの誇る優良SMヨークベニマルと、
北からは東北を庭のごとく押さえるイオンのマックスバリュ東北の
侵攻ににあい三重苦のおーばん。
それぞれの苦境が見て取れます。
いわば東北の3番手連合とでも言うべきでしょうか。
各県で3番手くらいの企業が集まったと。
一番規模が大きくてマエダですからね。4社で800億円弱。
規模だけで言えば、ヨークベニマル、ユニバース、マックスバリュ東北、
ヤマザワについて東北では5番目くらいですかね。
生き残りに辛うじて手を挙げたといえるでしょう。

でも5番手ですからね・・・
将来的にはさらなるM&Aは必死でしょう。
東北は人口減少が確実なマーケットですから、
何もしなければ売上は減る一方。
となると企業が存続する上では売上を維持しなければならない、
東北で人口が多いのは宮城、福島。
こちらをどう攻略するかが東北SMの大勝負です。

一番安泰なのはヨークベニマルですよね。
大高一族の人材も豊富でその商品力はピカイチ。
福島・宮城・山形を押さえ関東へ南下中です。
2番手がユニバース。青森を固めて岩手をM&Aで掌中に。
次は宮城へ南下する南下政策を進めます。
ただ、三浦社長が居なくなったらこける可能性も高いと思いますけど。
3番手がマックスバリュ東北。元々の地盤である秋田と山形、
旧亀屋を元に展開する青森、イオンから継承した岩手
(マックスバリュ1号店は水沢ですから!)、
宮城・福島のマックスバリュ南東北を吸収するのも時間の問題でしょうから、
東北6県をネットする最初のSMはここでしょう。
だからといって一番でかくなるわけではないですけど。
営業エリアが広い=売上No1ではないのはコンビニが証明済みですしね。
ヤマザワはヨークベニマルに山形を荒らされ、
出ていった宮城は現状維持が精一杯、
福島へ打って出ようとしたものの原発事故の影響を考え秋田へ北上、
よねやを傘下に収めましたが人口減少地域に新たに進出してもねぇ。

となると、この4社連合は上記4社に続く位置ながら、
それらに属しない中小地場SMの担い手になり得ます。
例えば秋田のユナイト。伊徳とタカヤナギ連合ですが、
これがマークスに加われば売上規模も大きいのでかなり規模の経済は働きます。
秋田のSMは参加してませんからね。
一応マークスはCGC系企業が多いのでそこは系列が違いますが。
あとはウジエスーパーも営業エリアが被りません。
数あわせとしてはいいかも。それを言えば福島のリオンドール。
キクチとはエリアがこれも被らない。
それらが参加すると一気にヨークベニマルの次に来る規模にはなれる。
とは言っても誰が主導するのか(マネジメントするのか)という大問題が発生しますけど。

そう、誰がマネジメントするのか、それがこの4社統合の一番の問題だと思います。
経営統合した以上もう引き返せません。
マークスは会長がマイヤ、社長がマエダのようですね。
マイヤの社長はなかなかの名士のようで
各種ドキュメンタリーでも取り上げられています。
マエダの社長も苦しみながらも業態転換して実績を残してはいます。
それが1000億企業の社長になれるのか?
ライバルのユニバース三浦社長は1000億の社長になって、
2000億、3000億の姿が見えなくなったのが
アークスグループ入りの理由といっていたと思います。
それを4社連合がどう乗り越えていけるか、
それだけがこの統合の成否を握る鍵と言えるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。