So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨークベニマル・ミニ研究2013夏その1~消費税増税への備え、早くも~ [SuC・SM]

お盆にヨークベニマルを数店いきましたので恒例のこのシリーズを書きたいと思います。
今回は消費税増税を先取りした動きについてです。

ヨークベニマルは以前、電子棚札を導入していましたが、
いつの間にやらなくなってしまいました。
インストア加工している生鮮三品と総菜はこれまで通りですが、
それ以外の売り場はプライスカードが本体価格と税込み価格の二重表示になっていました。
これまでの棚板にはめる形のプライスカードではスペースが足りないのか、
棚板にプラのPOPケースを取り付け、そこにプライスカードを挟む形ですね。
まぁおかげで2つの価格は確認しやすいですが、
大手ですでに二重価格表示に切り替えていたのには驚きました。

東北で展開するDrgのスーパードラッグアサヒは消費税導入時から
頑なに二重価格表示を続けていますが、そういうのは少数派です。
というか、基本的に内税表示しなければならないんですけどね、
今回の法改正で緩和されましたから早速乗っかった感じです。

でもどうですかねぇ、正直二重価格は混乱(というかクレーム)が
増えるだけだと思うんですよねぇ・・・
レジにいったら金額が違う、と。
増税のたびに値札を変えるのは負担が大きいとかいわれますが、
チラシやセールのたびにしょっちゅう値札を変えているSMにとって、
そんなことはごく当たり前の業務であり、今更何を・・と思います。

商品力で勝負!みたいなことをいっているセブン&アイですが、
少なくともヨークベニマルは価格が気になっているようですね。
ヨークベニマルは未だに看板は鳩のマークのままですし、
ホールディングスとは距離感を保っているから出来る技なのか・・・
いずれにしろ、ヨークベニマルの展開する地域では他社の動きが気になります。
なんか、みな引っ張られて二重表示になりそうな感じがしますけど。
今後も地域を限らず二重表示は注目したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。