So-net無料ブログ作成
検索選択

タイガーコペンハーゲン [専門店]

新年一発目は昨年のオープン話題をさらったタイガーコペンハーゲンに行ってきました。
臨店は2013年1月9日(水)午後7時20分頃です。
営業時間が午後8時まででしたのでぎりぎり飛び込んだ感じですね。

オープン時は馬鹿売れしすぎて入場制限したり、
商品供給が追いつかずにしばらく臨時休業に追い込まれたり、
何かと話題の店舗です。
マスコミでは北欧発の100均ショップ的な扱いが多かったですが、
実際どうなんだろうという興味がありました。
現在は落ち着いたようで入場整理券なども配布していませんでした。
まぁ閉店間際ですから当然でしょうか。
それでも結構ひっきりなしに来店客がいてそれなりに混んでいました。

で、実際行ってみて思ったのは確かに安いです。
1000円超えるアイテムはほとんど無く(私がみたのはPCマウスくらい)、
500円を超えるアイテムもあまり見かけません。
ほとんどが200円とか300円ですから安さは感じます。
500mlのペットボトルくらいあるキャンドルが300円ですから。
ノート200円、クリップ100円なんて当たり前ですし、
ダイナモライト300円、ヘッドホンも700円など
昔の100均的な「驚き」がありました。
「こんなものがこの値段で??」という驚きですね。
ダイソー、ユニクロが実現してきたそういった驚きを、
北欧企業が最近日本に持ち込んでいる気がしてちょっと複雑でした。
今はタイガーコペンハーゲンしかり、イケアしかり、です。

で、店舗は1階と2階からなり強制ワンウェイコントロールの珍しい売り場です。
階段を仕切ってはいませんでしたが、階段上ると矢印がありますし、
全体を通して客をスムーズに流す、という意識が強く感じました。
オープン時の混雑を捌くための取り組みなのか、
そういう店舗運営をしている会社なのかわかりません。
2号店以降に注目といったところでしょうか。
iPhoneバンパー、ヘッドホン(このあたりの品揃えが意外でした。

あと、レジ袋は有料でした。
大きな(70cm四方くらいですね)ショッピングバック(レジ袋のような材質)が20円、
紙のバックが100円~とのことでした。一応記念として20円払いましたが、
買い物するつもりの人は要注意ですね。
重いもの買うならばそれなりの持ち帰る準備をしていった方がいいでしょう。
そしてレジの対応は良好だと思います。売り場も声がけができていますし、
あのレベルを維持していければ期待が持てそうです。

ただ、この店舗の売りは何だろうと考えるとちょっとわかりません。
台所用品、洗濯用品、文具、ファンシー雑貨、収納用品等々、
一通りそろっているのですが、すべてをまかなえるわけではありません。
店舗のサイズ上絞り込んでいるんでしょうが、ココが得意だ!
という分野がわかりませんでした。これからの課題といったところでしょうか。

しかし店舗をみて思ったのは一昔前のベネトンのような華やかさ、ですね。
ピンクの計量カップとか普通みないですから(笑)
あと、日本の既存店であれば3coinsあたりが影響受けそうですね。
価格帯がもろかぶりですし。ただ切磋琢磨してもらえばと思います。
100均の方がものが良さそうなものも多かったですが、
そちらはあまり影響なさそうです。うまく棲み分けできるのではないかと。
商品のクオリティは値段相応か、そこそこといったところだと思います。
これからどういった展開をしていくか楽しみな企業だと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。