So-net無料ブログ作成

無印良品有楽町店 [専門店]

今さらですが無印の基幹店舗にいってきました。
臨店は2010年2月21日(日)午後2時頃です。

こちらは確かもと劇団四季かどっかの劇場だった建物だと思います。(チョッとあやふや)
大型基幹店舗なので個別のWEBサイトがあります(こちら)。
1階はビックカメラ有楽町店別館と花良品となっています。
花良品、そのままズバリ花ですね。生花のほか鉢植えなんかもありました。
1階に持ってきているのがキモですね。入り口が華やぎます。
あと同じく1階に「家」がありました。そう、モデルハウスです。
一応「無印良品」の中に「無印良品の家」があることになっているようですが、
まぁ実質一体ですからね。ここは「窓の家」と称していました。
2階のバルコニーでは商談らしき光景も。まぁ屋根のないモデルルームですが。
もと劇場跡とという箱の巨大さを生かしていますね。
これはなかなかできない芸当でして、居抜き出店をうまく行った感じです。

あと2階にはmealMUJIを展開しています。
そういえば昔はcafeMUJIという店舗も良品計画は運営していましたが、
今は使い分けているようですね。大きい方がmealなのかな?
まぁ無印らしい品格のあるショップであります。
やはり無印ファンには落ち着く場所なんでしょうか、
かなり入店待ちの行列ができていました。
あとメガネもありましたね。衣料品も日用雑貨もフルライン展開。
説明は不要でしょう、ザ・無印です。
壁面も天井まで惜しむことなく商品をディスプレイとして並べてあります。
その品揃えとゆったりした売り場をみれば、
誰もが何かしら買ってしまう店舗ではないかと思いました。

そして一番うまいのは商品入れ替えの見事さでしょうか。
無印は「お値打ち価格になりました」POPを付けて、
値下げ品をまとめて展開していますが、
それもかなり目立たなくさりげなく置いてありました。
定価での販売力と見切り品があっという間に売れてしまう集客力、
両方を兼ね備えた(売れる店舗はみなそうですけど)文字通りの旗艦店でした。

こういう巨艦店と小型店をハブアンドスポーク(航空業界みたい)を
展開する無印はなかなか強敵です。
近いのはフランフランあたりになるかも知れませんが、
万人受けするのはやはり無印、そういう面ではしばし安泰かも。
Loftも小型店を出店し始めましたし、ビレッジバンガードも展開を早めています。
若者向けの店舗もいずれ無印の領域に入ってくるでしょう。
一時低迷していた無印もまたいつそういったところにつつかれるか分かりませんからね、
好調な今のうちにまた新しいカテゴリーに進出してほしいです。
アウトドアグッズなんか良いと思うんですが如何でしょうか?
でも、「家muj」iまでいったら次は「町muji」ですかねぇ(^o^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る